お 墓 の 構 成

ここでは、お墓の部材の名称などを載せています。

※それぞれ宗教的な意味がありますが、ここでは実用的・一般的なもののみを説明します。
  宗教・宗派としての意味は、それぞれで違う場合がありますので、ここでは取り上げません。
※宗教・宗派によって呼び名が違うものがあります。
  (「称名」も日蓮宗では「題目」と呼びますし、「戒名」も真宗系では「法名」と呼びます。)
  ここでは、一般的な名称で記載しています。

墓石本体

棹石
 (さおいし)
お墓本体で一番重要な石です。
正面に家名または称名を彫ります。
裏面に建立者および建立年月日(改築であれば改築年月日も)を彫ります。
側面には仏様の戒名一式を彫りますが、後述する「墓誌」が墓所内に設けられる場合は、
何も彫りません。

上台石
 (じょうだいいし)
棹石の下にある石です。
正面に家紋を彫る場合があります。
棹石に称名を彫る場合には家名を彫ります。
それ以外であれば、何も彫らない場合がほとんどです。

中台石
 (なかだいいし)
中台石の下にある石です。
正面にくりぬき穴があり、そこから納骨室(カロート)へ遺骨を納める形が一般的です。
洋型墓・デザイン墓では、この石がないものもあります。

下台石
 (げだいいし)
一番下にある石です。
最近では、芝台石(しばだいいし)と呼ぶことが多くなりました。。
一般的には4個の石を組み合わせますが、
最近は中をくりぬいた1個の石で作る場合もあります。
正式には上の「中台石」までが「墓石」で、下台石はあくまでも「お墓本体の台石」ですが、
現在では便宜上この下台石もお墓に含めるようになっています。

花立
 (はなたて)
中台石の前部にあり、下台石に乗っている石です。
花立・ローソク立や線香立などをつける石です。
中台石に空いている穴をふさぐ「ふた」の役割もあります。
上台石に家紋を彫らない場合は、花立の正面に家紋を彫ります。
基本的には1個の石ですが、お墓によっては3個に分かれている場合もあります。

付属品

●玉垣
 (たまがき)
墓所における塀や柵にあたるものです。
最近では、羽目(はめ)や外柵(がいさく)と呼ぶことが多くなりました。
現在ではデザイン上玉垣を設けない墓所も多くなっています。

●出入口階段 文字通り、墓所内に出入りするための階段です。

○門柱
 (もんちゅう)
上図には出ていませんが、階段の両横に大きな石を置く場合があります。
親柱(おやばしら)と呼ぶこともあります。
入り口を広く取れるため、最近では門柱を使う墓所が多くなっています。
広い面を活かして、家紋や家名の彫刻やその他装飾を施す事も増えています。

●腰石
 (こしいし)
玉垣の下、地上部に出た基礎の部分を装飾するものです。
腰張(こしばり)とも呼びます。
昔はモルタルで均すだけ(腰石を付けない)が多かったのですが、
劣化が激しい上、左官技術も持っている石工が今は少なくなったので、
現在では補修で腰石に変える場合が主流になっています。

●供物台
 (くもつだい)

お墓にあげるお供え物を置く台です。
○物置石
 (ものおきいし)
上図には出ていませんが、墓所内の横側に上部が平らな石を置く場合があります。
お参りに来た人の荷物を置いたり、お供え物の準備をする時に用います。
供物台と混同される場合があります。
(本来は「供物台」なのに、「物置石」と言う人も少なからずいます。)

●墓誌
 (ぼし)
お墓の横に置き、仏様の戒名一式を彫ります。
個人の業績やその他装飾等を彫ることもあります。
僧侶にとっては、法事の対象の仏様が一瞥してわかるという利点もあるようです。
(確認のため。)

●敷石
 (しきいし)
入り口・階段とお墓の間に敷く通路としての石です。
お墓の手前、供物台の下に一段厚い石を敷く場合は、
その厚い石だけを特に拝石(はいせき)と呼ぶことがあります。
会社などによっては、敷石と拝石を別にして扱う場合があります。
(洋型のお墓では、納骨するための穴のフタとして拝石を使う場合があります。
 また、拝石をお墓本体に含める会社もあるので、敷石と区別しているのです。)

●玉砂利
 (たまじゃり)
お墓の周り、墓所内に敷く化粧砂利です。
砂利の間に水が入り、水跳ねを防ぐ役目があります。
しかし、砂利の間に土が入り、雑草が生えやすいということもあり、
最近では、玉砂利を敷かずに全て敷石を張ることも多くなっています。

●花木 墓所内に植えるものです。
墓所の正面部に花壇(フラワーボックス)を付けて、そこに植える場合もあります。
余り根の張らない(大きくならない)ドウタンツツジなどが使われます。
しかし、手入れ等に手間がかかる、いずれ枯れたりすることもあって、
最近では花木を植えない方が多くなりました。
もしくは、故人が好きだった一年草を植える場合が多いです。

●灯籠
 (とうろう)
墓所内、または門柱の上に置くものです。
昔は文字通り「灯籠」として用いていましたが、
現在では装飾品として据え付けられています。

※上記以外にも、最近はベンチや小物入れを付けたり、
  その他故人にまつわる装飾品(石像など)を据え付ける場合もあります。